雇用とか

東京で生活するのは疲れる?

某有名ブロガーではないですが、東京にいると精神が疲弊する気がしています。
この理由はなんなんだろう?
おそらく時間の進み方というか、皆がせかせか動いているのは自分には辛いのかと。

だらだらと怠けている人間を許さない雰囲気というか。お金がない人は下の人間というような風潮というか。
低所得でフリーターを続けている僕みたいな人間は肩身がせまいわけです。


でも今の収入でも地元の田舎に変えればおそらく結婚出来る水準。

しかし東京では結婚なんて考えることも出来ないわけなんですね。
生活コストが全然違うって訳。
先月ついに30歳の大台にのってしまった訳なんだけど、これからどうしていこうか本気で悩んでいる。

このまま東京でフリーター生活を続けていても完全に消化試合な気がするんだよね。
僕の人生に大きな幸せは訪れないことは容易に想像できる。
今のところ仕事は安定しているけど、今の会社がなくなってしまったら再就職は難しいだろう。今の給料水準を保てる自身がない。

 

バイトにしては時給が良いからなんとか自分を納得させられているわけだけど、他の会社や業者では通用しにくいスキルだからね。
地元に帰って働くって選択肢もないわけじゃないけど、東京に比べると求人数が圧倒的に少ないから現実的じゃない。


もちろん選ばなければあるだろうけど、そんな仕事をするために田舎に帰るモチベーションがない。

もはや八方ふさがりになりそうな状況なんですわ。


若い時にもっと貯金しておけば良かったなぁ。まとまった金がないと何をするにも動きづらい。

上京に憧れている地方民もいっぱいいると思うけど、稼げるアテがないと東京で生活するのは結構しんどいですよ。